So-net無料ブログ作成
検索選択

洗い流さないトリートメントって?

うちの店は、洗い流さないトリートメントを専門的に扱っていますが、どのようなものなのか簡単にではありますが説明を!

洗い流さないトリートメントとは・・・

まず、リンス・コンディショナー・トリートメントってどう違う?

リンスとは、3つの中で一番最初に開発されたヘアケア剤です。アルカリ石けんを中和させ、くし、ゆび通りを良くし、石けんカスを落とすために作られました。
粘度は低く、毛髪の表面に付着します。
ちなみに、リンス(rinse)は、英語で「すすぐ」という意味。その昔、石けんで洗髪していた時代は、「酢」で髪をすすいでいたそうです。

コンディショナーとは、シャンプーの後、毛髪のコンディションをよくする目的で開発されたヘアケア剤。毛髪に汚れがつかないようにしたり、サラサラしっとりさせたりします。やや粘度が高く、毛髪に吸着(内部に少しだけ浸透)します。

トリートメントとは、本来は洗髪後、乾いた毛髪に施すヘアケア剤として開発されました。毛髪に水分と油分を補う目的で考えられ、作り出されたものです。毛髪の理想的な水分量は12~13%なので、シャンプーしながら髪に水分をしっかりと含ませ、油分でコーティングすることで、ドライヤーの熱などからの乾燥を防ぎ、同時に栄養分を与え枝毛・切れ毛も防ぎます。現在はリンス感覚で使用されている場合が多いですが、コーティングすることによってダメージから守り、栄養分を与え補修することを目的にしているためどうしても洗い流すタイプよりは、流さないタイプの方が効果は高く、最近は洗い流さないタイプのトリートメントの方が大人気となっています。また、頭皮への浸透が少ないため、注意をすれば敏感肌の方でもお使いいただけるのも洗い流さないタイプのメリットです。ただ、つけすぎると毛髪の油分が多くなり、日焼け(油焼け)などの原因になってしまうので、用量を守ってお使いください。


使用方法は?

基本的には、お風呂上り(シャンプー&リンスorコンディショナーorトリートメント後)のタオルドライ後に、ショートなら1~2プッシュ、ロングなら2~3プッシュ程度を髪の毛に塗り込み、ドライヤーで乾かします。トリートメントがドライヤーの熱から保護してくれるので出来れば乾かした方が良いです。

乾かすことによって、蒸発する成分以外は髪に残り、朝まで毛髪に栄養分を与え、補修してくれます。トリートメントの成分は、髪の毛以外には反応しない成分が多いので髪が顔についたり、枕につくことに関してはほとんど問題はありません。しかし、つけすぎると逆にベタついてしまうのでその商品の適量を確認しましょう。

また最近は、お出かけ前の乾いた髪にも使用できる製品がほとんどですので、セット前に髪の毛の適量を塗りこんでドライヤーで乾かしてください。この場合、多少水で濡らした後に塗り込んだ方がオイルの伸びが良く少量で済みます。

※上記は基本的な説明です。洗い流さないトリートメントには様々な種類がありますので、必ず説明書・使用方法を確認してご使用下さい。


気になる髪と素肌に!コスメ通販 女子ビューティークラブ





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。